水土里ネット東京 東京都土地改良事業団体連合会





2015年10月30日
「機関紙閲覧ページ」更新
機関紙「土地改良だより150号」をアップロード致しました。




2016年4月4日
4月の二十四節季と農事暦
4月:卯月(うづき)
卯の花が咲く月で「卯の花月」と呼ばれているようです。
田植えをする植月(うえつき)からの略ともいわれています。

二十四節季
4月5日:清明(せいめい)
清浄明潔の略といわれ、南東風が吹く春のよい季節。
草木の芽がでる時期です。
「草木清明風光明媚」

4月20日:穀雨(こくう)
穀物を育てる雨が降り、芽を出させるという意味です。
「百穀春雨に潤う」

農事暦

麦の土寄せ、病害予防。
温床苗の本畑定植。
春ウド、玉葱の収穫。
馬鈴薯の根かきと施肥。


球根や秋播草花の苗の定植。
宿寝草の株分け。
楓などの接木。


八重桜。沈丁花。芍薬。けしの花。


青ギス。イワナ。ヘラブナ。モロコ。白ギス。カレイ。アジ。サバ。
2016年4月4日
5月の二十四節季と農事暦
5月:皐月(さつき)
田植えが盛んで、早苗を植える月ということで早苗月からさつきとなって、後で皐月の漢字をあてはめたと言われています。

五節句
5月5日:端午 (たんご)

二十四節季
5月5日:立夏(りっか)
夏の始まりを指す時期です。
東洋暦では立夏から立秋の前日までを夏、西洋暦では夏至から秋分の前日までを夏としています。
「夏の気始めて立つ」

5月20日:小満(しょうまん)
植物が育ち茂る。
「麦生日」と呼ばれ晴天であれば麦がよく熟するといわれている。

農事暦

水稲播種。
病害予防。
苺、サヤエンドウ、フキ、子カブ、白菜の収穫、本田耕起、一番茶摘み。


牡丹、芍薬、ダイアに追肥。
朝顔、鳥頭等の播種、バラ新苗の植え付け。


さつき。花しょうぶ。アヤメ。藤撫子。


ヤマメ。ハヤ。黒鯛。ヒラメ。アナゴ。

2016年4月4日
6月の二十四節季と農事暦
6月:水無月(みなづき)
旧暦6月は梅雨も終わる頃で木が枯れてしまう月からきています。
他に田に水を張る「水張り月」からとも言われています。

二十四節季
6月5日:芒種(ぼうしゅ)
雑穀の種まきをする時期。
田植えの時期に入る。
梅雨めいてくる時期です。

6月21日:夏至(げし)
昼間の時間が一番長くなる日です。

農事暦

苗代除草。田植え。陸稲中耕。除草。
麦刈取り。
キュウリ、トマト、ナス、馬鈴薯の収穫。


葉牡丹、釣鐘草等の播種、挿木には好期。
球根類は堀上げ通風の良い処へ貯蔵。


弁慶草。蓮。昼顔。夕顔。撫子。


スズキ。鯛。イサギ。コチ。ウナギ。マス。鮎。青ギス。


Copyright (C) 2010 東京都土地改良事業団体連合会 All Rights Reserved.